妊娠中にとっても必要な葉酸について

妊娠中にとっても必要な葉酸について

妊娠期には、とても欠かせない栄養素として注目されている 「葉酸」はご存知でしょうか?




妊婦さんや妊娠を希望する女性には非常に重要な存在であり、

妊娠する前から摂取することが大切なんです。


厚生労働省公表の摂取量の目安よりも多く摂取している妊婦は7.5%で、90%以上の妊婦が葉酸不足なんです。

そのため、お医者さんからもサプリメントでの摂取を勧められるほどなんです。

葉酸の必要性

胎児の正常な細胞と作る為に、葉酸が必要とされています。

胎児の先天異常がおこるのは、妊娠中よりも妊娠前にどれだけ葉酸を摂取しているかになります。



胎児の正常な細胞と作る為にも、葉酸が欠かせません。

また、葉酸不足によって赤血球がちゃんと作られず、貧血になりやすく「悪性貧血」を引き起こします。

そのため、血液に悪影響が出ることで、赤ちゃんへしっかりと栄養と酸素が届かなくなってしまいます。

葉酸の摂取について

厚生労働省では、

妊娠を計画している女性は食品に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取するよう呼びかけています。




葉酸を多く含む食品は、

『ほうれん草』

400マイクログラム摂るために必要な量:スーパーで売ってる1.6束くらい

『ブロッコリー 』

400マイクログラム摂るために必要な量:8房

『いちご』

400マイクログラム摂るために必要な量:中30個

『マンゴー』

400マイクログラム摂るために必要な量:3個


『納豆』

400マイクログラム摂るために必要な量:7パック



このように、1日400μgをクリアするのはとても難しいですね。


ただし、水溶性のビタミンである葉酸は加熱すると食品に含まれる葉酸の半分近くが流失してしまうことや長期間保存による酸化によって葉酸は壊れるため、新鮮な生野菜や果物が良い供給源となります。

また、注意して欲しいのは、大量の飲酒は葉酸の吸収および代謝を妨げます。


じつは、食品のみで摂るのはちょっと大変かも…なのです。

そこでサプリメントも併用して摂取が望ましいです。



食品だけですべて補わなくても良いのです。

食事からのみ栄養素を摂取しようとすると、過剰な塩分や糖分を摂取してしまいます。

サプリメントに抵抗のある人も多いかもしれませんが、足りない分は賢く補いましょう。

サプリメントは食品に比べ吸収率が高いのです。

厚生労働省も400μgの必要量を摂取するため、食事に加えサプリメントを積極的に利用するよう奨励しています。

厚生労働省推奨の葉酸サプリ【ベルタ葉酸サプリ】

妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆


▲葉酸400μgを摂れるサプリです▲



BELTAブランドの無添加の葉酸サプリです。

妊娠中や授乳中のBELTAユーザーの生の声から生まれた安心安全・高品質。

BELTAの商品開発・お客様サポートは現役ママ

「現役ママならではの視点」と「ユーザーの生の声」から生まれたのがベルタ葉酸サプリです。
現役ママによる商品開発とお客様サポートが、人気の理由のひとつでもありますね♪

ベルタ葉酸サプリのお客様サポートチーム

ベルタ葉酸サプリのお客様サポートチームは、『全員がベルタ葉酸サプリの社員スタッフ』です!

ベルタ葉酸サプリの特性・アピールポイント

◎厚生労働省推奨400μgの葉酸
◎27種類のビタミン・ミネラルを配合
◎15mgの鉄分・250mgのカルシウムを配合
◎18種類の野菜を配合
◎安心・高品質の美容成分を配合
◎安心の無添加・無香料・製造チェック
◎出産・授乳経験のある社員スタッフによるサポート



ただし、サプリメントを利用するにあたって、使用方法以上の摂取はかえって体を悪くさせ、生まれる子供にも影響を及びますので注意しましょう。

葉酸が不足すると?

葉酸が不足するとDNA生合成に支障をきたします。

 

分裂の活発な血球合成に障害が起こり赤血球障害や悪性貧血などの症状につながります。

 

葉酸を触媒的に回復させるビタミンB12が欠乏しても同様の症状を生じます。

葉酸の欠乏症について

葉酸の欠乏症は、妊娠や授乳期に特に多いようです。

また、疾患からくる小腸の病理的変化、アルコール中毒、メトトレキサートなどの薬剤投与によって引き起こされることもあります。


葉酸はアミノ酸や核酸の合成に必要となる補酵素であるため、細胞分裂の盛んな箇所において欠乏症が現れやすい。


症状は、貧血、免疫機能減衰、消化管機能異常などが見られる。また、心臓病や大腸ガン、子宮頸ガンのリスクがあるとの報告がある。

また、妊娠期に葉酸が欠乏すると、胎児に神経管閉鎖障害が起こり、重度の場合は死に至る。また、無脳児の発生のリスクが高まる。

貧血に関しては、葉酸は造血作用に対しビタミンB12と協調してはたらき、いずれのビタミンの欠乏も巨赤芽球性貧血を引き起こす。

神経管閉鎖障害に対しては、妊娠初期が重要で、特に通常まだ妊娠に気付かない第一週が最も葉酸を必要とする期間であると考えられている。

葉酸は早くから摂取がのぞましいです!

摂取を必要にしなけらばいけない時期があるのですが、気づいた時には、一番必要な時期を過ぎているかもしれません。

なら、妊娠がわかってからでは遅いの?

妊娠がわかって産婦人科に行くころに、葉酸を飲み始めるよりももっと以前から摂取するのが良いのです。

それは、葉酸が一番必要とされる、妊娠1ヶ月前〜12週頃には、気づいていない場合がほとんど。

たいてい、女性が妊娠に気がつくのは、妊娠2〜3ヵ月のころです。

葉酸は妊娠初期〜授乳時期までお腹の赤ちゃん(&授乳中の赤ちゃん)と妊婦を栄養不足や病気から守ってるくれる心強い味方。

なので、若い女性や妊娠の可能性がある女性は、早くから常に葉酸は摂っておくべきです。